環境負担軽減の取り組み

環境負荷を最小限におさえた、エコエアポート

国際線旅客ターミナルは周りの環境にも配慮した「エコエアポート」です。大気、騒音、振動、水、土壌、廃棄物、エネルギーなど、自然環境に優しい対策を実施。CO2の排出量を抑えています。

供給処理施設棟

高効率熱源設備の導入
BEMSの採用
排水の再生利用
地中熱ヒートポンプ
水蓄熱システム
ガスコージェネレーション

ターミナルビル/駐車場

雨水利用
太陽光発電
環境配慮型建築計画
自然採光
居住域空調
自然換気システム

敷地外環境

エコマテリアルの採用
CO2排出抑制
SOX、NOX排出抑制
緑のネットワーク
オゾン層破壊係数
ゼロ冷媒の採用

地球温暖化対策計画書制度への取組み

当ターミナルは、東京都環境確保条例「総量削減義務と排出量取引制度」における特定地球温暖化対策事業所に指定されており、地球温暖化対策計画書を作成・公開しております。

2016年度報告「地球温暖化対策計画書」

供給処理施設棟

電気・ガス・上下水道など供給・資源循環に関わる施設です。ガスコージェネレーションシステムを導入し自家発電と廃熱の有効利用による省エネを実現。水蓄熱システムや地中熱ヒートポンプシステムなどの先進技術で、環境負荷低減に貢献しています。

  • 平成28年度エネルギー管理優良事業者等 関東経済産業局長表彰(2017年)
  • 一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター
    平成27年度 コージェネ大賞・優秀賞 受賞(2016年)
  • 環境省 平成22年度 省エネ照明デザインアワード 優秀事例 受賞(2011年)
  • 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構
    CASBEE新築 Sランク評価の認証を獲得(2010年)
    CASBEE改修 Sランク評価の認証を獲得(2014年)